お知らせ

お知らせ

新人研修 上気道吸引を学ぼう

新人研修 上気道吸引

 

京都リハビリテーション病院では6月13日リハビリ科と看護部の新人職員に対して

「上気道吸引を学ぼう」といテーマの元、喀痰吸引研修を行いました。

 

平成22年4月に厚生労働省より「医療スタッフの協働・連携によるチーム医療の推進について」として、リハビリテーション関連職種が喀痰等の吸引を行うことを認める通知が出ました。

「理学療法士等による喀痰等の吸引の実施に当たっては、養成機関や医療機関等において必要な教育・研修等を受けた理学療法士等が実施することとするとともに、医師の指示の下、他職種との適切な連携を図るなど、理学療法士等が当該行為を安全に実施できるよう留意しなければならない」と記されています。

これを踏まえ当院では、看護師と一緒に理学療法士、作業療法士、言語聴覚士(以下、セラピスト)が吸引に関する基礎知識、技術、及び感染管理等の知識を習得し、院内において安全かつ適切に吸引を実施できることを目的に看護部教育委員会が主催し、新人職員を対象に研修を企画・実施しています。