お知らせ

お知らせ

回復期リハビリテーション病棟入院料1の算定

平成30年度の診療報酬改定で、回復期リハビリテーション病棟入院料は6段階に分類されました。

〇平成30年度診療報酬改定(回復期リハビリテーション)地連つぶやき

 

平成30年11月より、京都リハビリテーションは回復期リハビリテーション病棟入院料の施設基準を

・回復期リハビリテーション病棟入院料1

に変更いたしました。 下記に実績値を公開していますので、ご参考ください。

病棟実績

京都リハビリテーション病院は、許可病床64床です。
北病棟40床 南病棟24床 の2病棟で構成しています。
下記はデータは2018年4月~9月の京都リハビリテーション病院病棟実績です。

北病棟実績2018年4月~9月

直近6ヶ月間における退院患者数 42名
  他の医療機関へ転院した者等を除く患者数 38名
在宅復帰率 90.47%
直近6ヶ月間に当該病棟に新たに入院した患者数 91名
③のうち入院時の日常生活機能評価が10点以上であった患者数 45名
新規入院患者における重症者の割合 49.50%
直近6ヶ月間における退院患者のうち、入院時の日常生活機能評価が10点以上であった患者 38名
上記⑥のうち、退院時(転院時を含む。)の日常生活機能評価が、入院時に比較して4点以上改善していた患者 28名
日常生活機能評価が4点以上改善した重症者の割合 73.68%

南病棟実績2018年4月~9月

直近6ヶ月間における退院患者数 52名
  他の医療機関へ転院した者等を除く患者数 49名
在宅復帰率 94.23%
直近6ヶ月間に当該病棟に新たに入院した患者数 52名
③のうち入院時の日常生活機能評価が10点以上であった患者数 20名
新規入院患者における重症者の割合 38.46%
直近6ヶ月間における退院患者のうち、入院時の日常生活機能評価が10点以上であった患者 14名
上記⑥のうち、退院時(転院時を含む。)の日常生活機能評価が、入院時に比較して4点以上改善していた患者 13名
日常生活機能評価が4点以上改善した重症者の割合 92.85%

回復期リハビリテーション病棟入院料1基準 抜粋

回復期リハビリテーション病棟入院料には施設基準ごとに在宅復帰率や重症率などが設けられております。 以下に病棟実績と回復期リハビリテーション病棟入院料1の基準をいくつか抜粋して記載しました。

  回復期リハビリテーション病棟入院料1施設基準 北病棟 南病棟
在宅復帰率※② 70% 90.47% 94.23%
重症者割合※⑤ 30% 49.50% 38.46%
改善率※⑧ 30% 73.68% 92.58%

【リハビリテーション実績指数】 

回復期リハビリテーション病棟入院料1施設基準 当院
37 37.92

リハビリテーション実績

平成30年9月1日~30日 リハビリテーション提供単位数について

北病棟リハビリテーション提供単位数

  休日 休日以外
直近1ヶ月間に回復期リハビリテーション病棟に入院していた回復期リハビリテーションを要する状態の患者の休日又は休日以外の延べ入院日数 253日 835日
直近1ヶ月間に患者に対して提供された疾患別リハビリテーションの休日・休日以外別総単位数 2045単位 6841単位
1日当たりリハビリテーション提供単位数(②/①) 8.08単位 8.19単位

南病棟リハビリテーション提供単位数

  休日 休日以外
直近1ヶ月間に回復期リハビリテーション病棟に入院していた回復期リハビリテーションを要する状態の患者の休日又は休日以外の延べ入院日数 135日 435日
直近1ヶ月間に患者に対して提供された疾患別リハビリテーションの休日・休日以外別総単位数 1067単位 3552単位
1日当たりリハビリテーション提供単位数(②/①) 7.90単位 8.16単位