お知らせ

お知らせ

【京都リハビリテーション病院 新型車いすの勉強会】

新型車いすの勉強会

 

先日、福祉用具担当されている業者の方に新型車いすの勉強会を開催していただきました。

セラピスト、看護師、看護助手、事務職など多職種が参加しました。

7月18日①

 

 

 

 

 

従来の車いすよりも軽量の為、介助者の負担が軽減されるという利点があり、
また、前方の車輪が少し外側に向いているので、通常タイプと比較すると足が当たりにくいタイプとなっていました。
軽量ですが、後方にも車輪がついているので、後方への転倒予防対策もされていました。

回復期リハビリテーション病床に入院中や在宅に戻られてからも福祉用具を利用される方が多い為、今後も積極的に学んでいきたいです。