お知らせ

お知らせ

第13回京都清水メディケアシステム 研究大会

11月26日、第13回京都清水メディケアシステム 研究大会を開催しました。

 

各施設から一般演題として11演題が発表されました。

(各施設の演題名は以下の通りです)


京都リハビリテーション病院

〇高次脳機能障害や認知症患者の内服自己管理の可能性を探る

〇若年性重症介護状態患者の退院支援の一例

〇アウトカム評価の実践

〇安定稼働を維持するための情報管理ツール導入について

 

京しみず

〇利用者様の排泄パターンを知り、それに応じた対応とその結果

 

第二京しみず

〇おとなの学校メソッドの導入により現れた利用者様とスタッフの変化

 

深草京しみず

 〇デイケア利用に消極的な利用者への取り組み

〇コグニバイクを使用して認知面身体機能面に介入し、MMSEの点数が向上した一症例

 

いでの里

〇転倒予防(歩行状態改善)デイサービスでできる事

 

日野しみずの里

〇口腔ケアの充実に向けて

 

深草しみずの里 

〇ユニット型特養で個別ケアに向けての取り組み


また、特別講演として、

株式会社 公益社 鎌田氏を講師とし、

「満足のいく最後の別れ」というテーマで講演していただきました。

 

今後も、グループが提供するサービスの向上に努めていければと思っています。