看護部

診療科・部門のご案内

京都リハビリテーション病院 看護部

 

あいさつ

 看護部では、急性期の治療から、さらに機能を回復し以前に近い状態で退院ができるように患者様、家族様の視点に立ち退院までの看護援助に努めております。日々のリハビリテーションで自分の能力を高められたことが、日常生活に繋げられるように体調管理、安全管理を行いながら援助しています。

 また、回復期リハビリテーション協会認定研修を修了した看護師もおり、看護の質の向上を目指しております。私たちは患者さんの人生の岐路に関わり、患者さん、家族さんと「日常生活に向けて一歩ずつ進める」看護を提供します。

看護部長 上山さゆみ 
認定看護管理者 
看護学修士(老年看護学専攻)

看護部理念

人間愛を基本に3つの「わ」を中心に看護を提供します。

「和」心和む思いやりのある看護を提供します。
「話」情報を共有し「安全」で「安心」な環境をつくります。 
「輪」多職種の専門性を尊重し、知識の向上に努めます

看護方針

医療の安全を最優先し、患者様から信頼される看護を目指しています。 知識・技術の研鑽につとめ、職員間の『和』を大事にし、患者様を敬愛する感性をはぐくむ努力を実践・継続いたします。

病棟紹介

【北病棟】

入院生活が有意義に過ごせるように患者様お一人おひとりに合ったリハビリテーション看護を提供します。

【南病棟】

患者さん、家族さんとの信頼関係を築き、日々のリハビリテーションが日常生活動作の自立に繋がるように支援致します。

看護教育について

看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)をもとに段階的教育を実施しています。

看護部理念を基盤とし、特に「コミュニケーション」「看護倫理」「他職種協働」についての教育を強化しています。さらに患者様、家族様の視点に立った回復期リハビリテーション看護が提供できることを目指しています。

 

院内での教育と院外(主に京都私立病院協会、京都府看護協会の研修)を組みあわせて各自のレベルにあった学ぶ場を提供しています。段階的教育が修了すると看護管理、看護教育、専門分野、ジェネラリストなど自分のキャリアを改めて考えられるよう学習支援を行います。

【ラダーⅠ 新人看護師教育について】

新人看護職員教育では、「新人看護職員研修ガイドライン(厚生労働省)」に基づいた教育プログラムを組み立て「京都府新人看護職員研修事業」に申請し実施しています。 病棟では、プリセプター制を導入し新人看護師個々に合わせた指導を行っています。

【写真は新人看護師とプリセプター】

新人看護師育成では、プリセプターシップ体制を導入しています。プリセプターの他、教育担当者、責任者を中心に病棟全体で教育支援しています。

【看護補助者教育】

未経験の方も就職されています。院内研修と私立病院協会を組み合わせて研修を行っています。

主な研修内容は、看護部理念に基づく臨床心理、看護倫理、感染予防、医療安全、回復期リハビリテーション特有の疾患、認知症ケア、ポジショニング、口腔保清、嚥下訓練、更衣整容、排泄、食事などの援助技術   等

 

 

 

病院の特徴 京都清水メディケアシステム

当院は複合施設として、病院のほか老人保健施設、特別養護老人ホームが同敷地内にあり、医療・介護・福祉(京都清水メディケアシステム)が連携していることが特徴です。

京都リハビリテーション病院が属する医療法人清水会には、居宅介護支援事業所、介護老人保健施設が3施設あり、系列の社会福祉法人弥勒会には、特別養護老人ホームが3施設あります。 また、平成30年度4月から保育所も開設され、ワークライフバランスを考慮した職場環境の整備に努めています。

認定看護管理者とは

看護師として5年以上の実践経験を持ち、日本看護協会が定める510時間以上の認定看護管理者教育を修めるか、大学院で看護管理に関する単位を取得して修士課程を修了した後に、「認定看護管理者認定審査」に合格することで取得できる資格。

患者・家族や地域住民に対しより質の高いサービスを提供できるよう、自身が管理する組織の 課題を明らかにし、組織内の様々な部署や人に働きかけて、組織全体のサービス提供体制の 向上に取り組んでいる。また、地域の組織間の連携を図るなど、地域全体の医療・看護の質の向上に努めている。

一例ですが、保健・医療・福祉の政策等に関する知識や組織管理に必要な理論、経営的な視点等を用いて自身の管理する組織を分析し、サービスの質を向上するための方策を検討して、実行する。看護師が知識と技術を身につけ看護の質を向上できるよう、教育体制を整え人材育成を推進し、質の高いサービスを効率よく提供できるよう、職員の資質を活かした配置を行う。

労働環境の整備やワークライフバランスの推進など、看護師が継続して働きやすい職場環境を整える。 医療事故を防ぎ、安全な医療・看護を提供するための教育や体制の構築を行い、組織として安全管理を推進する。などの役割を果たすため活動しています。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

看護師取得後5年の経験をもち、そのうち特定看護領域で3年以上の実践経験をもつ者で日本看護協会が定める教育機関にて教育プログラムを終了し、特定の看護分野の認定看護師認定審査に合格した者。

特定分野において熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践のできる者をいう。 看護現場において実践・指導・相談の3つの役割を果たすことにより、看護ケアの広がりと質の向上を図ることに貢献する。

一例ですが、脳卒中患者の重篤化を予防するためのモニタリングとケア、活動性維持・促進のための早期リハビリテーション、回復期における生活再構築のための機能回復支援とスタッフの質向上のための活動などを行っています。 それぞれ日本看護協会が実施する「認定看護管理者認定審査」、「認定看護師認定審査」に合格することで取得できる資格。審査合格後は認定看護管理者としての活動と自己研鑽の実績を積み、5年ごとに資格を更新している。

回復期リハビリテーション認定看護師

回復期リハビリテーション病棟協会が定める認定。回復期リハビリテーション看護師認定コースは、回復期リハビリテーション病棟において、以下の活動を行うことのできる看護師を育成することを目的する。

①回復期リハビリテーションサービスの対象者及びその家族に対する質の高い看護の提供②回復期リハビリテーション病棟における個人、集団、組織に対するリスクマネジメント③回復期リハビリテーションサービスにおける多職種との協働とチームアプローチの実践 研修期間内の出席状況、レポート評価、研修終了後の課題の実践とレポート評価により、 認定要件を満たした者に対して、回復期リハビリテーション病棟協会会長名で認定証が交付される。5年ごとの更新がある。

紹介

雑誌などで当看護部の活動が紹介されています。