施設紹介

施設紹介

施設概要

名称京都リハビリテーション病院
理事長清水 鴻一郎
院長平田 剛秀
建築概要地上 5 階建 18.46 メートル(うち、1 階・5 階 病院部分)
建築面積1704.45 m²
診療科目内科、脳神経外科、リハビリテーション科
病棟回復期リハビリテーション病棟 64 床(2 ユニット)
住所京都市伏見区深草越後屋敷町 17 番地
施設基準
◇ 基本診療料の施設基準等                        ◇特掲診療料の施設基準等
・回復期リハビリテーション病棟入院料2    ・神経学的検査
・医療安全対策加算2          ・CT撮影及びMRI撮影
・リハビリテーション充実加算      ・脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
・退院支援加算1            ・運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
・認知症ケア加算2          

京都リハビリテーション病院フロアマップ

設備紹介

リハビリ庭園

リハビリ庭園ではスロープや石畳、ジャリ道など、様々な歩行訓練が可能です。段違いの花壇も設置しています。

個室

個室の壁面・通路の床面を木目調にデザインし、ラグジュアリーな空間を演出しながらも、ぬくもりを感じる病棟となっております。南病棟の個室からは伏見桃山城が見え、四季折々の山を楽しむことができます。

スタッフステーション

スタッフステーションにはコンシェルジュスタッフを配置し、患者様・ご家族様の様々なご要望にお応えします。

リハビリ室

リハビリスペースは屋上庭園、リハビリ室、言語聴覚室等、複数の場所で展開しています。機能分化することで集中的なリハビリを実施します。

リハビリテーション機器

低床型左右ベルト分離トレッドミルは、歩行練習、歩行評価に最適です。さらに、左右ベルトを別速度にコントロールできるため、現実場面ではあり得ない「異ストライド長歩行」を作ることができ、片麻痺歩行練習などで威力を発揮します。

特殊浴槽

ジェット噴流、肩掛けシャワー、多関節リクライニング等、入浴者が心地よくを追求した浴槽。また、 介護者にとっても負担の少ないウォークスルー、洗浄をサポートするスライドシート、フルフラット 設計。ハイグレードな特殊浴槽です。 Giusto(OG 技研)