基本理念

基本理念

基本理念

生命の尊厳と人間愛を基本に
より良い医療・介護・福祉を提供し、地域社会に貢献します

リハビリテーション病棟とは

回復期リハビリテーション病棟とは、脳梗塞や脳出血などの脳卒中、大腿骨頸部骨折、脊髄損傷、頭部 外傷、肺炎や外科手術の治療時の安静による廃用症候群などを発症し、命の危機や急性期を脱してもな お、医学的・心理的サポートが必要な時期の患者さんを対象に受け入れ、自然回復を促す環境をつくり、 多くの医療専門職がチームを組んで集中的なリハビリテーションを実施し、心身ともに回復した状態で 自宅や社会へ戻っていただくことを目的とした病棟です。

脳血管リハビリテーション

脳梗塞・脳出血・くも膜下出血などの脳血管疾患、脳腫瘍・脊髄腫瘍などの中枢神経疾患、パーキンソン病などの神経疾患、失語症・認知症などの高次脳機能障害、寝たきりや動かないでおこる不動・廃用症候群を有する人を対象とし、基本的動作能力・応用歩行能力の回復等を目的とする理学療法や、日常生活動作能力・高次脳機能障害の回復等を目的とした作業療法、言語聴覚能力・摂食機能の回復等を目的とした言語聴覚療法等の治療法により構成され、いずれも実用的な日常生活における諸活動の実現を目的として行われています。

運動器リハビリテーション

骨折、変形性関節症、腰痛や頚部痛、肩痛、スポーツ障害などを有する人を対象とし、運動器疾患を持つ人々に対して運動療法(ストレッチや筋力強化など)や物理療法、装具療法などを用い身体機能を可能な限り改善することを目的とします。運動器に障害を持つ人々の日常生活の質(QOL)の維持、向上のために重要な役割を担っています。

訪問リハビリテーション(休止中)

病気などのために通院が困難な方が、自宅でできることを増やして生活範囲を広げたり、寝たきり状態を防ぐためなどにリハビリテーション受けるものです。本人の症状や自宅の構造、家族の介護状況などを考慮しながら、セラピストが在宅を訪問し、実際の生活の場で行うことのできる訓練法や介助の仕方や環境整備など、リハビリテーションの観点から療養上必要な指導・訓練を行います。

廃用症候群リハビリテーション

不活動によって生じる症状には、運動器障害、循環器障害、自律神経障害などが挙げられ、廃用症候群 のリハビリは日常生活の中でできることを少しずつ実践します。いきなり激しく運動すると機能の回復 よりも障害が生じる危険性が高いので、始めは一日に午前中と午後に分けて、10 ~ 15 分程度行う軽 い運動を、軽い運動ができるようになってきたら、少しずつ時間を長くしたり、回数を多くしたりしな がら行う漸増負荷運動を行います。

チームアプローチ

●リハビリ医師
●理学療法士
●作業療法士
●言語聴覚士
●薬剤師
●看護師
●医療ソーシャルワーカー
●管理栄養士
がリハカンファレンスを行い、他職種連携により在宅復帰・社会復帰の実現に向けて支援します。

入院等に関するお問い合わせ
地域医療連携室 直通
TEL (075)646-5402 

FAX (075)646-5403